2019/07/30 10:00

「BNK48」ドキュメンタリー手がけた監督が打ち明ける、タイの映画興行事情

ナワポン・タムロンラタナリット監督
ナワポン・タムロンラタナリット監督

 [映画.com ニュース] 国際交流基金アジアセンター主催による「響きあうアジア2019」プロジェクト。7月3~10日で開催された特集上映&シンポジウム「東南アジア映画の巨匠たち」は、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭=TIFF)がアジアセンターとの共催イベントとして大盛況の内に幕を閉じた。昨年のTIFFで上映されたタイのアイドルグループのドキュメンタリー「BNK48: Girls Don't Cry」で話題を呼んだナワポン・タムロンラタナリット監督が、本イベントにも参加。日本でもCMを手がけたこともある監督に、映画界におけるタイと日本のコネクションや、東南アジアにおけるタイ映画の状況を聞いた。

――監督は日本をよく訪れているそうですね。

ナワポン・タムロンラタナリット「今回は仕事ですが、休暇でも東京に来ていますし、外国の中で一番なじみのある好きな国なんですよ。休暇で日本に来たときは、タイでは見られない展覧会やギャラリーに行くのが常です。バンコクは東京ほどカルチャーがないですから」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >