2019/07/30 17:00

【全米映画ランキング】「ライオン・キング」V2 タランティーノ新作は2位デビュー

ジョン・ファブロー監督作「ライオン・キング」 (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
ジョン・ファブロー監督作「ライオン・キング」 (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、ディズニーの実写版「ライオン・キング」が前週比約61%のダウンながら興収約7550万ドルで首位を守り、V2を達成した。

 同作の累計は10日間で3億5000万ドルを突破。ディズニー実写リメイク作では「アラジン」(19年/約3億4590万ドル)を抜き歴代3位となり、2位「ジャングル・ブック」(16年/約3億6400万ドル)を超えるのも時間の問題だが、1位の「美女と野獣」(17年/約5億400万ドル)を超えるのは厳しそう。

 オープニング興収約4035万ドルで2位デビューとなったのは、クエンティン・タランティーノ監督が主演にレオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットを迎えて製作したコメディドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。落ち目のTV西部劇のスター(ディカプリオ)とその専属スタントマン(ピット)を中心に、転換期を迎えていた1969年のハリウッドでの様々な階級・階層の人間模様が描かれる。敬愛するセルジオ・レオーネ監督が好んでタイトルに使った「ワンス・アポン・ア・タイム…」を初めて自作に冠したタランティーノ入魂の一作で、自らの血となり肉となった映画、TVシリーズ、音楽、そして時代への「思いの丈」を詰め込んだ、まさに集大成となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >