2019/08/01 13:00

庵野秀明×樋口真嗣「シン・ウルトラマン」製作決定! 斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊が出演

「ウルトラマン」(1966年放送) (C)円谷プロ
「ウルトラマン」(1966年放送) (C)円谷プロ

 [映画.com ニュース]庵野秀明監督が企画・脚本を務め、樋口真嗣監督がメガホンをとる「シン・ウルトラマン」が製作されることが決定。あわせて、主人公の“ウルトラマンになる男”を斎藤工が演じ、長澤まさみ、西島秀俊が出演していることがわかった。

 第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか主要7部門を「シン・ゴジラ」で制覇した“最強コンビ”庵野監督と樋口監督が、新たな空想特撮作品に挑むことになった。「シン・ゴジラ」が、シリーズ第1作「ゴジラ(1954)」の現代社会での再構築であったように、本作が目指しているのは、初めてテレビで「ウルトラマン」を目撃した時と同様の衝撃をもたらすこと。「ウルトラマン」の企画発想、原点に立ちかえりながら、“未だ誰も見たことのないウルトラマン”が存在する世界の体験を構築する。

 製作を務める円谷プロダクション・塚越隆行会長は「円谷プロダクションの礎となった初期作品群のひとつ『ウルトラマン』が現代社会を舞台に蘇ります。長きにわたり愛され続けてきたこの作品が、その原点の魅力に立ち返ります」と説明。同じく、製作に名を連ねる東宝の市川南氏(常務取締役)は「2016年に東宝を代表するキャラクター『ゴジラ』を『シン・ゴジラ』として手掛けたコンビが再び結集し、企画・脚本庵野さん、監督・樋口さんという形で、今度は同じく日本を代表するキャラクター『ウルトラマン』を共に世に送り出せることは、非常に光栄です。日本が誇る偉大な文化を、新しい時代に継承していきたいと思います」と語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >