2019/08/01 16:00

ビム・ベンダース、最新作「世界の涯ての鼓動」で描いたのは「無条件の愛と不可能な愛」

ビム・ベンダース監督
ビム・ベンダース監督

 [映画.com ニュース]ドイツの名匠ビム・ベンダースの最新作で、ジェームズ・マカボイ、アリシア・ビカンダーが主演する「世界の涯ての鼓動」が8月2日公開する。フランス・ノルマンディーの海辺で出会った男女が情熱的な恋に落ち、互いが運命の相手であることに気付くが、爆弾テロを阻止するMI-6の諜報員、深海の調査をする生物数学者というふたりにはそれぞれの任務があった。極限下の状況に置かれた“愛”の行方を描くサスペンスタッチのメロドラマ。常に新しい表現に挑戦し、絶え間ない進化を続けるベンダースが新作を語った。

--現在の地球で起きていること、人間の興味関心の多様性と、人類が持つ愛という普遍的な感情を大きなスケールで描いた作品です。過去作品でも様々な愛の形を描いていますが、この作品で扱われる「愛」について教えてください。

 今回の作品では、「無条件の愛」を描いているんです。2人が恋に落ちて、非常に究極な状況での恋をする、無条件な愛であるということ。同時に「不可能な愛」でもあるのですね。今回の愛はこの二つの言葉です。「無条件の愛」と「不可能な愛」です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >