2019/08/02 08:00

アンジャッシュ、愛犬が映画の“宣伝ワンバサダー”に!絆を感じたエピソードも告白

“宣伝ワンバサダー”、頑張ります! (C)2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.
“宣伝ワンバサダー”、頑張ります! (C)2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

 [映画.com ニュース]お笑いコンビ「アンジャッシュ」が8月1日、都内で行われた「僕のワンダフル・ジャーニー」のイベントに出席。それぞれ愛犬を連れて登場し、絆を感じたエピソードを披露した。

 本作は、犬と飼い主の運命と絆を描いた「僕のワンダフル・ライフ」(2017)の続編。前作では、命の恩人であるイーサンに会うため、50年で3回生まれ変わり、ついに再会を果たした犬のベイリー。本作では、“犬生”の終わりを迎えようとしていたベイリーに、イーサンは孫娘CJを守る使命を与える。

 児嶋一哉はマルチーズとトイプードルのミックスの「ネネ」、渡部建がチワワの「マロン」を連れて登壇し、2人の愛犬が本作の宣伝アンバサダーならぬ“ワンバサダー”に就任。前作で宣伝ワンバサダーを務めた「ゼウス」も登場し、引き継ぎ式を行った。

 それぞれ愛犬への思いを語り、児嶋は「夫婦喧嘩していると、やめなよって間に入ってきてくれるんですよ」と、飼い主思いのネネのエピソードを披露。渡部は「子どもが去年生まれたんですが、まだ小さいのでちょっと叩いたりつかんだりしてしまって、嫌なはずなのに子どもとちゃんと遊んでくれていて、お姉ちゃんのような存在になってくれてます」と、マロンに感謝した。

 イベント中には、気合いを入れて犬の格好をしていた児嶋に、渡部から「こじ! おすわり!」と指示が出される一幕も。なかなか応じない児嶋の代わりにネネがお座りをして笑いが起こるなど、会場は終始和やかな雰囲気で包まれた。

 「僕のワンダフル・ジャーニー」は、9月13日から全国で公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >