2019/08/03 10:00

「ドゥ・ザ・ライト・シング」公開30周年! スパイク・リー、フランク・シナトラとの接点を明かす

ピザ屋「Sal’s Famous Pizzaria」の看板
ピザ屋「Sal’s Famous Pizzaria」の看板

 [映画.com ニュース]1989年に発表された「ドゥ・ザ・ライト・シング」の公開30周年(日本公開は90年4月)を記念した展示会が、ニューヨーク・ブルックリンにある「モカダ・ミュージアム」で開催され、メガホンをとったスパイク・リー監督(「マルコムX」「ブラック・クランズマン」)が出席し、同作への熱い想いを語った。(取材・文/細木信宏 Nobuhiro Hosoki)

 人種間の関係を通して、社会的・政治的な問題を浮き彫りにしてきた“ニュー・ブラックシネマの旗手”リー監督。ブルックリンのベッドフォード・スタイベサントを舞台にした本作は、ピザ屋の宅配人・ムーキー(リー監督)を中心に、彼の近所で暮らすヒップな活動家、ストリートの飲んだくれの哲人、ピザ屋を経営するイタリア人親子など、さまざまな人々の日常を追いながら、アメリカ社会が抱える人種問題を描いた意欲作だ。

 展示会では、リー監督の兄であるデビッド・リーが撮影した当時のスチール写真、インタビュー映像、サル(ダニー・アイエロ)が経営するピザ屋「Sal’s Famous Pizzaria」の看板、ムーキーが暴動の際にピザ屋に投げ入れたゴミ箱、ストリートで飲んだくれる老人たちが座っていたビーチチェアなどが展示されていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >