2019/08/04 17:00

村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」舞台化! 成河×渡辺大知×門脇麦が村上ワールドに挑む

イスラエルの奇才インバル・ピントと「マームとジプシー」藤田貴大がタッグ!
イスラエルの奇才インバル・ピントと「マームとジプシー」藤田貴大がタッグ!

 [映画.com ニュース]村上春樹の長編小説「ねじまき鳥クロニクル」が舞台化されることが決定した。成河、渡辺大知が主人公・岡田トオルを2人で演じるほか、門脇麦、銀粉蝶、吹越満、大貫勇輔、徳永えり、松岡広大、成田亜佑美、さとうこうじという個性豊かな面々が共演する。

 イスラエルの奇才インバル・ピントが演出、美術、振付を手掛け、演劇団体「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大と新鋭アミール・クリガーが共同で演出と脚本を担う本作。世界的な即興演奏家で、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」やNHK大河ドラマ「いだてん」の音楽でも知られる大友良英をはじめ、イトケン、江川良子が生演奏を担当する。さらに、大宮大奨、加賀谷一肇、川合ロン、笹本龍史、東海林靖志、鈴木美奈子、西山友貴、皆川まゆむという日本のコンテンポラリーダンス界を代表するダンサーが集結した。

 成河と渡辺はダブルキャストではなく、妻の失踪をきっかけに、奇妙な出来事に巻き込まれていく岡田トオルという人物の多面性を2人で表現していく。“演劇モンスター”の異名を持ち、「カツベン!」が控える成河は「インバルともう一度作品づくりをしたい、特に初演となる作品のクリエイションに参加したいと常々思っていたので、念願が叶ったという思いです」と喜びを語る。さらに「今回の村上春樹さんの原作はとにかく大ボリュームで、果てしない迷宮。これはちょっと前人未到の演劇製作になるぞと武者震いをしています」と意気込んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >