2019/08/06 10:10

臆病な少年の友だちは“空想上のヒトラー” タイカ・ワイティティ新作、20年1月公開

タイカ・ワイティティは監督、脚本、出演を兼任 (C)2019 Twentieth Century Fox
タイカ・ワイティティは監督、脚本、出演を兼任 (C)2019 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース]「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティが監督、脚本、出演を務めた映画「Jojo Rabbit(原題)」が、「ジョジョ・ラビット」の邦題で、2020年1月に日本公開されることが決定。あわせて、主人公の少年ジョジョと、“空想上の友だち”アドルフ・ヒトラーの姿をとらえた場面写真と特報映像もお披露目された。

 独特のセンスと創造力で次々と傑作を生み出しているワイティティ監督と、4度のアカデミー賞作品賞に輝き、創立25周年を迎えるFOXサーチライト・ピクチャーズのタッグ作。9歳で俳優になることを決心し、人生初のプロの仕事にして、主人公の少年ジョジョを演じることになったのは、ローマン・グリフィン・デイビス。ワイティティ監督がアドルフ・ヒトラーに扮するほか、スカーレット・ヨハンソン、トーマサイン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソンが出演している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >