2019/08/09 14:00

民主主義の原点を問う、英国の悲劇の物語  マイク・リー監督がピータールーの虐殺を解説

ブレグジットや香港デモに触れ「今こそ映画化 すべきだと思った」と語るマイク・リー監督 (C)Amazon Content Services LLC, Film4 a division of Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2018.
ブレグジットや香港デモに触れ「今こそ映画化 すべきだと思った」と語るマイク・リー監督 (C)Amazon Content Services LLC, Film4 a division of Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2018.

 [映画.com ニュース] 名匠マイク・リーが、19世紀初頭のイギリスで起きた「ピータールーの虐殺」を映画化した「ピータールー マンチェスターの悲劇」が公開された。1819年8月16日にマンチェスターで起きた英国史上最も悪名高き事件“ピータールーの虐殺”を描いた本作。選挙権を求める民衆6万人の平和的なデモに、騎兵隊と武装した軍隊が突進し多数の死者を出した事件の全貌を明かす。200年前の事件とはいえ、現在の世界で起きている問題と驚くほどに通じている。英・ガーディアン紙創刊のきっかけとなり、民主主義の原点を問う事件と映画について、リー監督が語るインタビュー映像を、映画.comが入手した。

 この事件が起きたマンチェスター出身であるリー監督は、英国でもこの出来事を知らない人は多いと説明し、理由として「この出来事を教える学校はさほど多くない。それは、偉大なる大英帝国の栄光の話ではなく、むしろイギリスの体制にとって汚点だからだろう」と厳しく指摘する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >