2019/08/15 12:00

セルジオ・レオーネ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」、タランティーノのコメント入り予告編

クリストファー・フレイリング著、クエンティン・タランティーノ序文「ONCE UPON A TIME IN THE WEST:SHOOTING A MASTERPIECE」書影 REEL ART PRESS刊
クリストファー・フレイリング著、クエンティン・タランティーノ序文「ONCE UPON A TIME IN THE WEST:SHOOTING A MASTERPIECE」書影 REEL ART PRESS刊

 [映画.com ニュース] マカロニ・ウエスタンで知られるイタリアの巨匠セルジオ・レオーネが1968年に手がけた作品で、日本では当時「ウエスタン」の邦題で短縮版が公開された、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」の2時間45分のオリジナル版が9月27日から公開される。このほど、50年前に作られたアメリカ版予告編を再編集し、本作を愛するクエンティン・タランティーノのコメントを加えた予告編がお披露目された。

 巨匠レオーネが、「荒野の用心棒」など前3部作とは大きく方向性を変え、自らの作家性を前面に打ち出した野心作。若き日のベルナルド・ベルトルッチとダリオ・アルジェントを共同原案に抜擢し、ルキノ・ビスコンティ監督「山猫」を下敷きに、主人公ジル(クラウディア・カルディナーレ)の目を通し、移り変わる時代と共に滅びゆくガンマンたちの落日を、重厚壮麗なバロック的演出を駆使して描く。

 世界公開から50年を迎えた2019年5月、マカロニウエスタンとセルジオ・レオーネ研究の世界的権威として知られ、ロンドン王立美術大学学長で批評家のサー・クリストファー・フレイリングは、数十年間に及ぶ研究の総決算として、生前のレオーネのインタビューをはじめ、スタッフ、キャストの証言、カルロ・シーミ美術監督の手によるセット・デザインや衣装デザイン画、撮影日誌など「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」のすべてを網羅した著書「ONCE UPON A TIME IN THE WEST:SHOOTING A MASTERPIECE」を発表。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >