2019/08/15 18:00

石橋夕帆監督「左様なら」予告編&ごめん書き下ろし特典イラストステッカーなど公開

 予告編は、海辺で芋生演じる由紀と祷演じる綾が二人きりの謎めいたシーンからはじまり、綾の死からクラスに波紋が広がり徐々に日常に戻る中、由紀が周囲から離れていく様子が、美しい映像で描かれている。

 石橋監督は「自身が学生だった頃のことを思い返すと、教室の中には目に見えないルールがあって、誰かがハブかれていても傷ついていても黙認されるような空気があったように思います。しかしそれは決して特別なことではなく、あの頃の私たちにとってただそこにある『日常』でした。そんな息苦しさを抱えながらも私にとってはあの時間が一番輝かしく、代え難い大切な時間だったのだと思います。『左様なら』ではあの時間を、あの空気を、教室ごと描こうと思いました。置き去りにしたままだった想いを掬い上げるようにこの作品と出会って頂けましたら幸いです」とコメント。

 なお、本作には人気フォトグラファー柴崎まどかがスチールで参加。柴崎が撮影した芋生と祷のそれぞれの写真で作られたペアチケットを劇場限定で発売し、一般券特典のオリジナルイラストステッカーはごめんの書き下ろしとなっている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >