2019/08/16 20:00

“飛べない時代の魔女の宅急便” 松本穂香「わたしは光をにぎっている」予告&ポスター公開

 [映画.com ニュース] 女優の松本穂香が主演を務める、「四月の永い夢」の中川龍太郎監督作「わたしは光をにぎっている」が11月15日に公開することが決定し、あわせて予告編とポスターが公開された。中川監督が「飛べない時代の魔女の宅急便」と語る本作。都会で成長していく少女を演じる松本の横顔をとらえたポスターには、「しゃんとする。どう終わるかって、たぶん大事だから。」という印象的なコピーがあしらわれている。

 第39回モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰をダブル受賞した「四月の永い夢」で知られる中川監督の最新作。松本が主人公・宮川澪を演じるほか、渡辺大知、徳永えり、吉村界人、光石研、樫山文枝が共演する。シンガーソングライターのカネコアヤノが、主題歌「光の方へ」を手掛けている。

 20歳の澪は、亡き両親の代わりに育ててくれた祖母・久仁子(樫山)の入院を機に、父の親友・京介(光石)を頼って上京する。都会の空気になじめない澪だったが、「目の前のできることから、ひとつずつ」という久仁子の言葉をきっかけに、京介が経営する都内の銭湯を手伝うことに。銭湯の常連客たちとの交流が生まれ、生活の中に喜びを見出し始める澪は、区画整理のため銭湯が閉店する運命にあることを知る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >