2019/08/17 13:00

根岸吉太郎監督、濃密な性愛描写が話題の「火口のふたり」は「この時代にこの企画を選んだことが勝ち」

荒井晴彦監督と根岸吉太郎監督
荒井晴彦監督と根岸吉太郎監督

 [映画.com ニュース]直木賞作家・白石一文氏の同名小説を、柄本佑と瀧内公美の主演で日本映画界を代表する脚本家・荒井晴彦が実写映画化した「火口のふたり」の公開を記念し、8月17日、代官山 蔦屋書店で、荒井監督とゲストに根岸吉太郎監督を迎えたトークイベントが開催された。

 映画は白石氏が11年の東日本大震災を受け、改めて“生きること”を見つめ直し、男と女の不確実な愛を描いた物語で、荒井の監督第3作。R18+指定となった、濃密な性愛シーンが公開前から話題となっている。

 荒井が脚本を務めた「ひとひらの雪」「遠雷」「キャバレー日記」などで、メガホンをとった根岸。ひと足早く盟友の監督作「火口のふたり」を鑑賞した根岸は「この時代、たとえばあいちトリエンナーレで、表現の問題になっているけど、政治的な忖度というものじゃなくて、興行的なものだとか、一般の人が何を見たがっているのか、余計なことを乗り越えてこの映画があることに共感し、応援したいと思います。この企画を選んだことが勝ちなんじゃないか」とコメント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >