2019/08/19 18:00

「グリーン・デスティニー」でオスカー獲得! ティム・イップ、自身の“歩み”を振り返る

ティム・イップ
ティム・イップ

 [映画.com ニュース] ハリウッド映画や香港映画の美術、衣装に長年携わり、アン・リー監督作「グリーン・デスティニー」で第73回アカデミー賞美術賞を獲得したティム・イップ。ニューヨーク・メトロポリタンオペラの仕事が控えるなか、単独インタビューに応じ、映画界での“歩み”を語ってくれた。(取材・文/細木信宏 Nobuhiro Hosoki)

 香港理工大学で写真を学んでいたイップが、映画界へ足を踏み入れるきっかけとなったのは、香港で開催されたアートの大会だった。「僕の手がけた絵画や写真が1等賞を取ったことがあった。その頃『Film Workshop』というプロダクションを設立したばかりだったツイ・ハーク監督が、僕のアート作品を気に入ってくれて、雇ってくれたんだ」と明かし、ジョン・ウー監督作「男たちの挽歌」のアシスタントディレクターとして働くまでの経緯を語った。

 イップ「ツイ・ハーク監督が、当時香港で頭角を現していたジョン・ウー監督とタッグを組むことを決めたんだが、その際に僕を紹介してくれたんだ。ジョン・ウー監督は、若手のスタッフとも気軽に話すタイプの人物。『男たちの挽歌』から、僕らは親しい友人関係になれたんだ。当時さまざまなことを話したのを覚えている。この作品のセリフの大半は、監督自身が執筆しているんだよ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >