2019/08/20 06:00

【佐々木俊尚コラム:ドキュメンタリーの時代】「ジョアン・ジルベルトを探して」

7月に享年88歳で亡くなった「ボサノバの神様」の行方を追う
7月に享年88歳で亡くなった「ボサノバの神様」の行方を追う

 ジョアン・ジルベルトはボサノバの神様として有名だ。彼が歌って有名になった「イパネマの娘」や「想いあふれて」などの曲を聴けば、知らない人はいないだろう。今年7月に享年88歳で亡くなったが、晩年は10年以上も人前にほとんど姿を見せず、伝説的な存在になっていた。その晩年のジョアンを探し求める話である。

 ジョアンに会いたくてたまらないドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーが、リオデジャネイロでジョアンを探しまわって「オバララ ジョアン・ジルベルトを探して」という一冊の本にまとめる。でもフィッシャーは結局はジョアンに会えず、それが理由かどうかはわからないけれど、本が出版されるわずか1週間前にみずから命を絶ってしまう。そしてこの本を手にして感動したフランス人の監督ジョルジュ・ガショが、今度は自分がジョアンを探し求めるという、不思議きわまりない二重の物語になっている。

 まるで夢遊病者のように「ジョアン……あなたはどこにいるの?」とつぶやきながら彷徨い続けるガショ。その道程のなかで出会うジョアンの元妻や知人や美容師や料理人。もう10年ぐらいジョアンとつきあいがあるという料理人は、毎回電話で注文を受け、そのたびにどんな料理があるのかと1時間もかけてすべて懇切丁寧に説明するというのだが、しかし注文するのは毎回決まりきったように「粗塩のステーキとクレージーライス」。そして料理はジョアンの家のドアの前に置かれるだけで、料理人もそのスタッフも一度もジョアンを見たことはないのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >