2019/08/21 08:00

中国新世代の“最初で最期の最高傑作”「象は静かに座っている」予告完成 タル・ベーラらのコメントも

監督のフー・ボーは本作完成後に自ら命を絶った (C)Ms. CHU Yanhua and Mr. HU Yongzhen
監督のフー・ボーは本作完成後に自ら命を絶った (C)Ms. CHU Yanhua and Mr. HU Yongzhen

 [映画.com ニュース] 第68回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、最優秀新人監督賞スペシャルメンションを獲得した中国映画「象は静かに座っている」の日本公開日が11月2日に決定し、ビジュアルと予告編がお披露目された。あわせて、音楽家・坂本龍一、タル・ベーラ監督、「東京フィルメックス」ディレクター・市山尚三氏の応援コメントも到着した。

 中国、炭鉱が廃れ世間に見放された小さな田舎町を舞台に、年齢、性別の違う4人のある1日を描く。作家としての顔を持つ29歳の新鋭フー・ボーが、自身の著書「大裂」の中でも最も気に入っているという短編「象は静かに座っている」を映画化。本作完成後、フー・ボーは自ら命を絶ち、生涯ただひとつの“命を懸けた”最初で最期の最高傑作となった。

 意味深なタイトルが大胆にあしらわれたビジュアルは「29歳で命を絶った若き才能、デビュー作にして遺作。世界を熱狂させた魂の234分」というコピー、交わらない方向へ視線を投げる登場人物たちを活写。予告編は、中国の人気バンド「ホァ・ルン」の音楽に呼応するように、ある想いを抱えたブー、リン、チェン、ジンを順に映し出す。また、規格外の長尺、挑戦的な長回し、日中の自然光にこだわったライティングなど、細部に渡るこだわりを垣間見ることができる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >