2019/08/21 22:43

南沙良「黒子のバスケ」から根付いた“アニメ愛”を告白 “サメ映画”も興味津々

さまざまなカルチャーを語り合った南沙良
さまざまなカルチャーを語り合った南沙良

 [映画.com ニュース]女優の南沙良が8月21日、東京のWIRED CHAYA(浅草店)で行われた“100人の好きと100人のクリエイターがカルチャーを共創する”プロジェクト「B面」のキックオフイベント「B面会議vol.1」に登壇した。

 「B面」とは、クリエイターと観客が垣根を超えて、自由にクリエイティブを発揮できる場所を創るプロジェクト。自分たちの「好き」をレコメンド&キュレーションし合い、定期的にカルチャーイベントを実施し、2020年4月にはオールジャンルエンタメフェス「B面フェス」も開催予定だ。この日のイベントには、第1期キュレーターを務める直井卓俊氏(SPOTTED PRODUCTIONS代表取締役)、大高健志氏(Motion Gallery代表取締役)、倉本美津留氏(放送作家)、横川良明氏(演劇ライター)、石井龍氏(THINKRプロデューサー)が出席した。

 「無限ファンデーション」(8月24日公開)が控える南は、「ハマっているカルチャー」という話題において“アニメ愛”を吐露した。「小学生の頃、あまり喋る相手がいなくて、自分の想像の世界に入るのが好きだったんです。『黒子のバスケ』が、想像の世界に入る手伝いをしてくれて、そこからアニメが好きになりました。普段は家にいることが多いんですが、時間が許す限り、アニメを見ています」と明かす。さらに「昔の作品は見ますか?」という問いかけには「今期のアニメを追うので精一杯(笑)。私、萌アニメがすごい好きなんですよ。些細なシーンに心動かされますし、頑張っている姿を見ているだけで、癒されるんです」と答えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >