2019/08/24 12:00

仏アニメ界の巨匠ミッシェル・オスロ監督が描く、ベル・エポックのパリと女性への優しいまなざし

(C)2018 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - ARTE FRANCE CINEMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - MAC GUFF LIGNE - ARTEMIS PRODUCTIONS - SENATOR FILM PRODUKTION
(C)2018 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - ARTE FRANCE CINEMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - MAC GUFF LIGNE - ARTEMIS PRODUCTIONS - SENATOR FILM PRODUKTION

 [映画.com ニュース] アヌシー国際アニメーション映画祭2018のオープニングを飾り、第44回セザール賞で最優秀アニメ作品賞を受賞したフランスアニメーション界の巨匠ミッシェル・オスロ監督の最新作「ディリリとパリの時間旅行」が公開された。ニューカレドニアからやって来た少女ディリリを主人公に、19世紀末から20世紀初頭のベル・エポック期の美しいパリの街を舞台に描いた冒険物語。来日したオスロ監督に話を聞いた。

 ディリリは、パリで出会った最初の友人オレルとともに、少女たちの誘拐事件の謎に挑む。キュリー夫人やパスツール、ピカソ、モネら時代を彩った天才たちに協力してもらいながら、エッフェル塔やオペラ座、バンドーム広場などパリの街中を駆け巡って事件解決を目指す。

--「キリクと魔女」「アズールとアスマール」など、過去の代表作はアフリカや中東などが物語の舞台でした。今回、ベルエポックのパリを選んだ理由を教えてください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >