2019/08/24 13:27

「火口のふたり」荒井晴彦監督、的外れな批判におかんむり「こっちは50年、書いてんだよ」

舞台挨拶に立った3人
舞台挨拶に立った3人

 [映画.com ニュース] 直木賞作家・白石一文の小説を映画化した「火口のふたり」の公開記念舞台挨拶が8月24日、東京・新宿武蔵野館で行われ、主演を務める柄本佑と瀧内公美、脚本も手がけた荒井晴彦監督が登壇した。

 東日本大震災から7年目の夏を舞台に、妻も仕事も失った永原賢治(柄本)と、別の男性との結婚を控える佐藤直子(瀧内)が久々の再会を機に抑えきれない衝動のまま、かつてのように体を重ね合う。8月23日に全国11スクリーンで封切り。濃密な性愛シーンが描かれており、R18+指定となった。

 「幼な子われらに生まれ」「共喰い」などの脚本家で、本作が監督第3作となる荒井監督は、客席の盛況ぶりに感謝を示しつつ「もっとお客さんに来てもらわないと。製作会社が危ないですよ。僕らもギャラをもらっていないし」と必死のアピール。主要キャストは柄本と瀧内のふたりのみで、「実験的と言われるが、単純に予算がないだけです」と笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >