2019/08/25 12:00

【中国映画コラム】19年上半期総括!マーベルによる“市場熟成”が「存在のない子供たち」の正当評価をもたらした

「劇場版 夏目友人帳 うつせみに 結ぶ」中国版ポスター
「劇場版 夏目友人帳 うつせみに 結ぶ」中国版ポスター

 北米と肩を並べるほどの産業規模となった中国映画市場。注目作が公開されるたび、驚天動地の興行収入をたたき出していますが、皆さんはその実態をしっかりと把握しているでしょうか? 中国最大のSNS「微博(ウェイボー)」のフォロワー数266万人を有する映画ジャーナリスト・徐昊辰(じょ・こうしん)さんに、同市場の“リアル”を聞いていきます!

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

 2019年上半期の中国映画市場のデータが、エンタメサイト「猫眼票房」で発表されました。急成長し続けてきた中国映画市場ですが、初の減少傾向となっています。興行収入総額は-2.7%、動員数は-10.31%。特に動員数1割超の減少は、中国国内で非常に話題となり、世界2位にまで成長した“中国映画マーケットが危機に陥る”と言われています。しかしながら、上半期の興収総額311億6700万元(約4737億4000万円)、動員8億700万人というデータは、北米以外の地域からすると凄まじい数字に見えるでしょう。私見では、今回の減少はあくまでも急増し続ける市場の一時的な反動に過ぎないと考えています。“劇場で映画を見る”という習慣を身につけた中国の観客が増え続けているため、市場自体はまだまだ元気だと言えます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >