2019/08/26 14:23

タランティーノ、来日会見でレア邦画のDVDおねだり! レオは“故郷”ハリウッドへの思い語る

 [映画.com ニュース] 米映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の来日記者会見が8月26日、都内で行われ、メガホンをとるクエンティン・タランティーノ監督、出演するレオナルド・ディカプリオが出席した。

 タランティーノ監督は13年2月の「ジャンゴ 繋がれざる者」以来、6年半ぶりの来日。一方、ディカプリオは「レヴェナント 蘇えりし者」で念願のアカデミー賞主演男優賞を手にした直後の2016年3月に続き、11度目のプロモーション来日を果たした。両名は「ジャンゴ 繋がれざる者」でもタッグを組んでいるが、揃っての来日は今回が初めてとなる。

 タランティーノにとって、9作目となる長編監督作。光と闇が交差するハリウッド黄金期の1969年を舞台に、テレビ俳優として人気のピークを過ぎ、映画スターへの転身を目指すリック・ダルトン(ディカプリオ)と、リックを支える付き人でスタントマンのクリス・ブースが思わぬ事件に巻き込まれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >