2019/08/26 16:45

マーベル社長「スパイダーマン」巡るソニーとディズニーの対立について発言

ケビン・ファイギ社長
ケビン・ファイギ社長

 [映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーとソニー・ピクチャーズの対立が原因で、今後の「スパイダーマン」作品からマーベル・スタジオが離脱することについて、同社のケビン・ファイギ社長がコメントを発表した。米エンターテイメント・ウィークリーが報じている。

 「スパイダーマン ホームカミング」と「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」はソニー・ピクチャーズ作品ながら、ディズニー傘下のマーベル・スタジオが製作に参加。「アイアンマン」から「アベンジャーズ エンドゲーム」に至るまで、すべてのマーベル作品でプロデューサーを務めたファイギ社長が、トム・ホランド版「スパイダーマン」で主導的な役割を果たしていた。さらに、マーベル・スタジオが製作する「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」にスパイダーマンが初登場。その後、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」にもスパイダーマンが登場し、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のなかで重要な役割を果たしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >