2019/08/26 16:45

マーベル社長「スパイダーマン」巡るソニーとディズニーの対立について発言

 「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」がソニー史上最高のヒット作となったいま、「スパイダーマン」の映像化権を握るソニーと条件アップを狙うディズニーは更改交渉を行っていたが決裂。今後の「スパイダーマン」はソニーがマーベル・スタジオ抜きで製作し、MCUにはスパイダーマンが登場しないことが決定的になった。

 ファイギ社長はこの事態に関して、米カリフォルニア・アナハイムで行われたディズニーのファンイベント「D23 EXPO」で、「スパイダーマンに関しては感謝と喜びの感情しかない。MCUのなかで5つもの映画を作ることができた。2作の単独映画と、『アベンジャーズ』関連3作品だ。こんなことが起きるとは夢にも思っていたし、永遠に続くものではないと分かっていた。こんなことが出来る時間は限られていると分かっていたから、私たちは伝えたい物語を伝えたつもりだ。こんな経験をさせてもらえたことを、一生忘れないだろう」と語っている。

 なお、主演のホランドは、マーベル・スタジオが離脱しても、スパイダーマン役を続投する意志を表明している。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >