2019/08/27 15:00

スティーブン・キング原作「トム・ゴードンに恋した少女」映画化企画が再始動

スティーブン・キング 写真提供:アマナイメージズ
スティーブン・キング 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース] 故ジョージ・A・ロメロ監督が希望していた作家スティーブン・キングの小説「トム・ゴードンに恋した少女」の映画化を、ロメロ監督の妻クリス・ロメロが引き継ぐことがわかった。クリスは、「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」のプロデューサーであるロイ・リー、ヴァーティゴ・フィルムズのジョン・バーグとともに製作を務める。

 “ゾンビ映画の父”ロメロ監督は、ホラー映画「クリープショー」「ダーク・ハーフ」でキングと組んだ後、2000年代に「トム・ゴードンに恋した少女」の映画化を準備していた。しかし、ロメロ監督が17年に肺がんのため77歳で死去し、企画はそこで中断していた。

 1999年に出版されたキング原作「トム・ゴードンに恋した少女」は、9歳の少女トリシアが、離婚したばかりの両親と兄とハイキングに出かけたところ、家族とはぐれてしまう。鬱蒼とした森のなかで1人怯えるトリシアは、空腹と疲労で幻覚を見るようになり、大好きな野球選手トム・ゴードンと対話しながらなんとか家に帰ろうとするうち、得体の知れない生き物に命を狙われていると気づく。米ハリウッド・レポーターによれば、製作陣は現在、脚本家を選定中で、監督はまだ決まっていない。

 キング原作を映画化した完結編「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」は9月6日から全米公開、11月1日から日本公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >