2019/08/29 21:00

焼け木杭に火が付いて… R18「火口のふたり」10シーン、20シチュエーションで撮られた濃密な愛

ふたりの日常をドキュメンタリーで追いかけるかのように撮影した (C)2019「火口のふたり」製作委員会
ふたりの日常をドキュメンタリーで追いかけるかのように撮影した (C)2019「火口のふたり」製作委員会

 [映画.com ニュース]直木賞作家・白石一文氏の同名小説を柄本佑と瀧内公美の主演初映像化、1970年代から大人の愛を描き続けてきた、名脚本家荒井晴彦の監督作「火口のふたり」(公開中)。「遠雷」「キャバレー日記」などでタッグを組んだ根岸吉太郎監督に「この時代にこの企画を選んだことが勝ち」と言わしめた、R18+指定の濃密な性愛シーンが公開前から話題を集めている。性描写のないヌードを含めたふたりの愛を映した場面が全10シーン、スチル写真で回想する過去の情事のカットを含めると、計20シチュエーションに及ぶことがわかった。

 撮影は昨年の8~9月。賢治役の柄本が他作品の撮影で多忙のため、並行して「火口のふたり」の準備、撮影をすることになった。夏の映画として、真夏に撮影できるシーンが限られてしまった状況の中、助監督の竹田正明氏は「苦肉の策として、この映画は低予算ながら、佑さんの某映画の撮影の隙間を縫って、実は3回に分けて撮影されています。この3回に撮影が分かれたことが、この映画にとって、賢治と直子にとって、結果的にはとても有効に作用したと今は感じています」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >