2019/08/31 14:00

電子音楽と映画の関係を辿る特集上映「現代音楽と日本映画の交差点1950s-1970s」川崎で開催

「他人の顔」(1966)の一場面
「他人の顔」(1966)の一場面

 [映画.com ニュース]1950年代から70年代頃の映画音楽に焦点をあて、現代音楽と日本映画における新たな表現への探求の軌跡を辿る特集上映「現代音楽と日本映画の交差点1950s-1970s」が、9月7日から川崎市市民ミュージアムで開催される。

 1950年代に始まった日本の電子音楽は、欧州の系譜とは異なる独自の形で発展。「録音」した音から創作し、フィルムの光学サウンドトラックに音を録音する映画音楽に接近しながら、新たな可能性を追求している。本企画では、音楽監督を武満徹が務め、一柳慧と高橋悠治が演奏で参加、プリペアド・ピアノなどを使いながら即興的手法で音響が設計された勅使河原宏監督のデビュー作「おとし穴」(62)、日本古来の邦楽器とテクノロジーを融合させながら、音の響きを追求した武満による映画音楽の代表作で、小林正樹監督による「怪談(1964)」(インターナショナル・バージョン)など、同館収蔵作品から劇映画を中心に、全22作品を上映する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >