2019/09/02 11:00

「ジョーカー」ホアキン・フェニックスに絶賛の嵐 過去作と比べてもはるかにダーク

ベネチアで大きな反響! (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
ベネチアで大きな反響! (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 [映画.com ニュース] 現在開催中の第76回ベネチア国際映画祭で8月31日(現地時間)、バットマン・シリーズのスピンオフである「ジョーカー」がワールドプレミアを迎え、早くも主演のホアキン・フェニックスのアカデミー賞候補がバズにのぼる大きな反響を巻き起こした。トッド・フィリップス監督の本作は、ジョーカーを主人公に伝説のヴィランがいかに誕生したかを描く。

 フィリップス監督は会見で、ジョーカーの出自がコミックではっきりと描かれていないため、比較的自由に創造することができたことに触れ、「他のDCコミックの映画化とは異なるアプローチがしたかった。ルールなし、限界なしと決めて、ホアキンと密に話し合って、撮影中ですら脚本は変化していった。完璧に狂気にたどりつくまで、お互いプッシュしあったんだ(笑)」と語った。

 フェニックスは、ジョーカーの特徴であり、特に本作ではバリエーション豊かな笑いが出てくることについて、フィリップス監督から「笑いのオーディション」があったことを明かした。また役作りに関しては「まず体重を落とした。それから精神的な面の役作りをした。彼の中にはさまざまに異なるパーソナリティがあって、それを表現することに惹かれたんだ。役作りのひとつとしてジョーカーの日記を書き始めたのも、すごく役立ったよ。結果的にそれは、映画のなかで大切な要素になった」と説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >