2019/09/02 14:30

Disney+の契約者数、ディズニーの見込みを超える可能性

一般視聴者の期待値は予想を大幅に 上回っている模様
一般視聴者の期待値は予想を大幅に 上回っている模様

 [映画.com ニュース] 全米で今秋からサービスを開始するディズニーのストリーミングサービス「Disney+(ディズニープラス)」への加入者が、当初の見込みを超える可能性が出てきたと米The Wrapが報じている。

 世界的な金融グループのUSBはこのほど、アメリカで1000人の消費者を対象にDisney+に関するアンケート調査を実施。その結果、加入の可能性が「かなり高い」と返答した人が24% 、「わりと高い」と答えた人が19%となり、2つのグループを合わせると5420万世帯が加入見込みであると換算できるとしている。ディズニーの重役は、2024年末までに3000万人の加入者を獲得するとの見込みを発表していたことから、一般視聴者のDisney+への期待値は予想をはるかに上回っていると言えそうだ。

 アメリカでストリーミングサービスのトップはNetflixで、6000万人の契約者を誇る。2位はHuluの2800万人。アマゾンに関しては、アメリカでプライム会員が1億人を突破しているものの、その中でどれだけの数がプライムビデオを利用しているかは明らかになっていない。英リサーチ会社Ampere Analysisの調査によれば、アメリカの一般家庭は平均2.6社の動画ストリーミングサービスを利用しており、毎月平均30ドルを支出しているという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >