2019/09/04 08:00

山本政志監督の新作に、南果歩&いとうせいこう&柄本明 大豪邸に暮らす離散寸前の家族を描く

山本政志監督の約5年振りの新作「脳天パラダイス」
山本政志監督の約5年振りの新作「脳天パラダイス」

 [映画.com ニュース]「ロビンソンの庭」「水の声を聞く」などで知られる山本政志監督の約5年振りの新作「脳天パラダイス」が2020年に公開することが決定した。南果歩、いとうせいこう、村上淳、古田新太、柄本明らが共演し、大豪邸に暮らす、離散寸前の家族の物語を紡ぐ。

 高度経済成長の時代に取り残されたマイノリティを描き、第32回ベルリン国際映画祭と第35回カンヌ国際映画祭に出品された「闇のカーニバル」で鮮烈なデビューを飾った山本監督。第37回ベルリン国際映画祭のzitty賞、第42回ロカルノ国際映画祭の審査員特別賞に輝いた「ロビンソンの庭」で、1980年代のインディーズムーブメントの中心となり、その後も全米10都市で公開した「ジャンクフード JUNK FOOD」や「LIMOUSINE DRIVE」などを次々と発表し、注目を浴びた。

 第65回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門に正式出品され、「第88回キネマ旬報ベスト・テン」(日本映画)で第9位を獲得した「水の声を聞く」以来、約5年振りの監督作となる「脳天パラダイス」。山本監督は「どこまでせせこましく、窮屈な世の中にしていくつもりだろう。世界はバカになってしまうのか? じゃ、これを上回る大バカ映画で、バカ世界を吹き飛ばしてみよう。『脳天パラダイス』始動!」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >