2019/09/04 12:00

「マトリックス4」にオスカー撮影監督ジョン・トール

ネオ役を演じるキアヌ・リーブス Photo by Michael Tran/FilmMagic/Getty Images
ネオ役を演じるキアヌ・リーブス Photo by Michael Tran/FilmMagic/Getty Images

 [映画.com ニュース]1994年の映画「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」、95年の映画「ブレイブハート」で2年連続アカデミー賞を受賞した撮影監督のジョン・トールが、米ワーナー・ブラザースが準備中の「マトリックス4(仮題)」について契約交渉中と米ハリウッド・レポーターが報じた。

 「マトリックス4(仮題)」はシリーズを手がけてきたウォシャウスキー姉妹の姉ラナ・ウォシャウスキーがメガホンを取り、ネオ役のキアヌ・リーブスと、トリニティ役のキャリー=アン・モスが復帰する。

 トールはオスカー受賞作のほかに「シン・レッド・ライン」「あの頃ペニー・レインと」「ラスト サムライ」「アイアンマン3」などの撮影監督を務めており、ウォシャウスキー姉妹とはこれまで「クラウド アトラス」「ジュピター」、ドラマ「センス8」で組んでいる。

 トールの新作は、アフリカ系アメリカ人として初めて米紙幣(新20ドル札)の顔になることが決定している、元奴隷で奴隷解放運動家のハリエット・タブマンを描く伝記映画「ハリエット(原題)」(ケイシー・レモンズ監督、シンシア・エリボ主演)で、11月1日から全米公開される。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >