2019/09/05 14:00

現代中国を見つめるジャ・ジャンクーが社会のアウトサイダーを描く理由

中国の名匠ジャ・ジャンクー監督
中国の名匠ジャ・ジャンクー監督

 [映画.com ニュース] 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作で、中国の名匠ジャ・ジャンクー監督の最新作「帰れない二人」が9月6日から公開される。さびれた炭鉱の町で出会い、運命的に惹かれ合ったにもかかわらず、離ればなれになってしまった男女の17年の歳月と、北京五輪決定と開催、三峡ダム完成、四川大地震など21世紀の激動の中国を、総移動距離7700キロメートルという壮大なスケールでの旅路と共に描き出すメロドラマだ。来日したジャ監督に話を聞いた。

--主人公チャオとその恋人ビンが出会うのは、過去作「青の稲妻」でも描かれた大同(ダートン)は、監督の故郷である山西省にある炭鉱の町ですね。

 今作は2001年からを描いた映画ですので、その当時の雰囲気を出る町を選びました。この10数年で石炭産業が斜陽になってきました。そして、いろんな工場が閉鎖され、大量の失業者が生み出されました。ビンはもともとは機械工場で働いていましたが、失業し、あの状態になっている。不景気になった大同の荒涼たる雰囲気が、時代とマッチしたものなのです。石炭産業が廃れることによって、街も荒廃し、さまざまな失業者が溢れ、暴力が出てくるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >