2019/09/05 17:00

「死霊の盆踊り」、エド・ウッドの代表作…カルト的人気を誇る“最低映画”の特集上映、今冬開催

エド・ウッドの代表作「プラン9・ フロム・アウタースペース」 (C)Legend films.
エド・ウッドの代表作「プラン9・ フロム・アウタースペース」 (C)Legend films.

 [映画.com ニュース] 映画史に残る傑作と並び愛され続け、“史上最低”と揶揄される映画の特集上映「サイテー映画の大逆襲2020!」の開催が決定した。米批評家サイト「Rotten Tomatoes」で0%というまさかのスコアを記録した「死霊の盆踊り」(1987)のHDリマスター版、“史上最低の映画監督”と呼ばれたエド・ウッドの代表作「プラン9・フロム・アウタースペース」(95)の総天然色版が上映され、あわせて鮮やかなポスタービジュアルもお披露目された。

 驚くほどいい加減な演出、棒読みの演技、大げさでナンセンスなセリフ、説得力皆無の大胆なストーリー、ダサ過ぎる衣装、チープな特撮……。全編に数々の残念ポイントがちりばめられているにも関わらず、映画への濃厚な愛が満ちあふれ、見る者を歓喜と爆笑の渦に巻きこんでいく、不思議な魅力を持った“最低映画”。カルト的な人気を誇る「死霊の盆踊り」「プラン9・フロム・アウタースペース」が、ビスタサイズでDCP(デジタルシネマパッケージ)上映される本イベントは、映画愛が試される究極の映画体験を提供する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >