2019/09/06 06:00

驚異の3Dワンシークエンスショット! 中国の新鋭ビー・ガン監督の新作、20年2月公開

中国ではわずか1日で41億円の興収を稼ぎ出した! (C)2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD - Wild Bunch/ReallyLikeFilms
中国ではわずか1日で41億円の興収を稼ぎ出した! (C)2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD - Wild Bunch/ReallyLikeFilms

 [映画.com ニュース] 中国の新鋭ビー・ガン監督の最新作「ロングデイズ・ジャーニー、イントゥ・ナイト(原題)」が、「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」の邦題で、2020年2月28日に公開されることが決定した。

 ルオ・ホンウは、父の死をきっかけに、何年もの間距離を置いてきた故郷・凱里(かいり)へ帰還する。そこでは、幼馴染み・白猫の死を思い起こし、彼の心をずっととらえて離れることのなかった“ある女のイメージ”が付きまとった。香港の有名女優と同じワン・チーウェンという名前を持つ女の面影を追うルオは、現実、記憶、夢が交わるミステリアスな旅に出る。

 18年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で初上映された後、トロント国際映画祭、サンセバスチャン国際映画祭、ニューヨーク映画祭で絶賛され、中華圏を代表する映画賞の金馬奨では撮影、音楽、音響の3部門を制覇。中国本土での興行は、近年のアート系映画の成功例と言われた「帰れない二人」(ジャ・ジャンクー監督)の10億円を超え、わずか1日で41億円を稼ぎ出した。アメリカでは、現在まで20週を超えて続映されており、19年公開の中国映画としては異例のロングランヒットとなっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >