2019/09/06 07:00

“ワケ分からん”度パワーアップ! おじさんロボVSスマホロボのバトル描く「ロボット2.0」予告

インド映画史上最高の製作費90億円が 投じられたアクション映画 (C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.
インド映画史上最高の製作費90億円が 投じられたアクション映画 (C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.

 [映画.com ニュース] 人間との恋に破れ暴走するロボットを描き、理解不能のぶっ飛んだストーリー、予測不能のアクションが話題を呼んだ「ロボット」の続編「ロボット2.0」の予告編と本ビジュアルがお披露目された。インドで2018年の興行収入第1位を獲得し、同国映画史上最高の製作費90億円が投じられた本作。映像では、やりたい放題の最強ロボット「チッティ」軍団の組み体操や、チッティの前に立ちはだかる宙を舞うスマートフォンなど、“ワケ分からん”度がパワーアップした奇想天外な光景が映し出されている。

 前作「ロボット」には、「意味が分からないがそれが良い」「本当にワケがわからないアクションが最高」と多くの感想が寄せられたという。続編では、インドのスーパースター・ラジニカーント(「ムトゥ 踊るマハラジャ」)が続投し、アクシャイ・クマール(「パッドマン 5億人の女性を救った男」)が共演。シャンカール監督が再びメガホンをとり、「アベンジャーズ」シリーズや「インターステラ―」などで知られるVFX制作会社「ダブル・ネガティブ」を中心に、3000人以上の技術スタッフが集結した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >