2019/09/06 21:53

横浜流星、10代の頃は「いきがっていた」 飯豊まりえは「記事にしないで」とお願い

横浜流星と飯豊まりえ
横浜流星と飯豊まりえ

 [映画.com ニュース] 作家・河野裕氏によるシリーズ累計90万部の人気小説を実写映画化した「いなくなれ、群青」の初日舞台挨拶が9月6日、東京・新宿バルト9で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、柳明菜監督が登壇した。

 “捨てられた人間”がたどり着くという謎の島「階段島」で出会った悲観主義の七草(横浜)と、島にいることが納得できない幼なじみの真辺由宇(飯豊)。2人の奇妙だが平穏な日常が、ある事件をきっかけに崩れ始める。全国75スクリーンで封切り。柳監督は「設定がファンタジーな分、リアリティを大切に心から感じて芝居をしてもらおうと思った」と原作がもつ繊細な世界観へのこだわりを告白した。

 この言葉を受け、横浜は「セリフも含めて、とても難しい世界観。実写化はすごく高い壁だと思った」とうなずき、「ここにいるみんなで一緒にリハーサルを重ね、入念な準備ができた」。それだけに「本当に幸せです。ひとりでも多くの皆さんに見てほしい」と強い手応えを示した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >