2019/09/07 12:59

オダギリジョー監督作「ある船頭の話」にベネチアが熱いスタンディングオベーション

(C)Kazuko Wakayama
(C)Kazuko Wakayama

 [映画.com ニュース] 第76回ベネチア国際映画祭で9月5日(現地時間)、イタリアの批評家が選出する「ベニス・デイズ」部門に選出されたオダギリジョー監督の「ある船頭の話」が上映され、オダギリ監督とともに主演の柄本明、村上虹郎が日本から参加し、熱いスタンディングオベーションを浴びた。10年越しの企画を実現させたオダギリ監督は、緊張した面持ちのなかにも、感動を隠せない様子だった。

 本作は、明治後期から大正初期を思わせる時代に、大自然に囲まれた川辺の小屋で、ひとり船頭を生業にする主人公トイチ(柄本)の姿を描く。近隣の馴染みの客から見ず知らずの旅人まで、さまざまな人間に触れるなか、たゆたう船のごとくゆったりとした彼の暮らしが、ある少女(川島鈴遥)の出現によって乱されていく。ウォン・カーウァイ映画などで知られるクリストファー・ドイルのカメラが、壮大な自然の美しさや厳しさをとらえ、輪廻天性のテーマを含むドラマが現地の観客を圧倒した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >