2019/09/07 17:00

塚本晋也監督、ベネチア国際映画祭で2度目のコンペ審査員を務めて思うこと

取材に応じた塚本晋也監督
取材に応じた塚本晋也監督

 [映画.com ニュース] 第76回ベネチア国際映画祭で審査員を務める塚本晋也監督が、多忙な合間をぬって、現地で映画.comのインタビューに応じた。塚本監督とベネチアの縁は深く、1998年「バレット・バレエ」の上映を皮切りに、8作品で参加。そのうち「鉄男THE BULLET MAN」(2009)、「野火」(14)、「斬、」(18)はコンペティション部門だった。

 審査員体験はさらに97年のコンペティション部門にさかのぼり、その後05年にはセカンド・セクションのオリゾンティ部門でも審査員を務めている。今年は2回目のコンペ審査員であり、これは本映画祭の歴史的に見てもまれだ。

 塚本監督は、「審査内容は絶対言うな、墓まで持っていくようにと言われています(笑)」と言いつつ、97年に北野武の「HANA-BI」が金獅子を受賞したときのことに触れながら、審査員体験についてこう語る。

 「97年のときは、審査員長だったジェーン・カンピオンさんに、審査後『ハラキリしないですんだわね』と言われました(笑)。今年の審査員の方々はみなさん大変に熱心で、1作1作を大切に話し合っています。でも結局はそれぞれの好みに左右されるものと言えますので、時の運とも言えると思います。ひとりの人がいくら強く発言しても難しい。よほど数が集まらないと議事が白熱しないことも確かです。僕は、言葉を超えた力とか新しいものを感じるかどうかが自分の審査員としての役割と思って参加しましたが、もちろんそれだけでは申し訳ないので、ダイアローグリストももらって、毎日ハチマキを巻いているような感じでセリフを読み解いて奮闘しています。どの作品も尊敬の気持ちを持って見させていただきました。僕自身は正直言って、人が一生懸命作ったものに優劣をつけるなんて嫌なのですが、ベネチア映画祭にはこれまでとてもお世話になっていますし、声を掛けて頂けるのは光栄なことだと思い、参加させて頂きました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >