2019/09/09 18:00

ハリウッドの異端監督デニス・ホッパー「ラストムービー」、31年ぶりに劇場公開

“呪われた映画”“革命的な傑作”と呼ばれた作品が劇場公開 (C)1971 The Hopper Art Trust, All Rights Reserved
“呪われた映画”“革命的な傑作”と呼ばれた作品が劇場公開 (C)1971 The Hopper Art Trust, All Rights Reserved

 [映画.com ニュース]「イージー★ライダー」(1969) のデニス・ホッパーの監督第2作「ラストムービー」(71)が、4Kスキャンと修復が施され、12月20日から1988年以来31年ぶりに劇場公開される。

 初監督作「イージー★ライダー」でカンヌ映画祭・新人監督賞受賞、アカデミー賞の脚本賞にもノミネートされ一躍時代の寵児となったホッパーの、“呪われた映画”、“革命的な傑作”と評された本作は、当時のユースカルチャー市場を取り込むために、予算100万ドル以内で監督に最終編集権を保証するかたちでピーター・フォンダの「さすらいのカウボーイ」(71)、モンテ・ヘルマンの「断絶」(71)、ジョージ・ルーカスの「アメリカン・グラフィティ」(73)とともにユニバーサルが製作した1本。

 脚本は名作「理由なき反抗」(55)を書いたスチュワート・スターン。ホッパーは次第に正気を失い狂気に陥る主人公カンザスを自ら演じ、ベテラン女優ジュリー・アダムス、映画監督のサミュエル・フラー、盟友ピーター・フォンダ、ママス&パパスのミシェル・フィリップス、本作の音楽も手がけたシンガーソングライターのクリス・クリストファーソンらが共演した。だが1年にわたる編集作業に混迷を極め、1971年ベネチア映画祭で好評を博すものの、難解な内容と前衛的な構成に困惑したユニバーサルのトップの再編集指示をホッパーが拒否し、映画は短期間での公開後ほぼお蔵入りとなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >