2019/09/12 20:01

マッツ・ミケルセン「残された者」のタフな撮影を述懐、“体験者”佐藤仁美も共感

マッツ・ミケルセンと佐藤仁美
マッツ・ミケルセンと佐藤仁美

 [映画.com ニュース] デンマークの人気俳優マッツ・ミケルセンが主演のアイスランド映画「残された者 北の極地」のジャパンプレミアが9月12日、東京・新宿バルト9で行われた。

 女性ファンの大歓声を受けたミケルセンは、「ありがとう」と日本語で応じ笑顔。「特に日本の人に見ていただきたかった。ムードやスタイルが、僕が思う日本映画に近いと思っていたから早く見てもらいたかったんだ」とアピールした。

 今月6日に来日し、京都観光や富士登山などを堪能。「京都は自転車を借りて回ったけれど、寺や神社が美しかった。でも、9時間も移動したと言ったら、周りに驚かれたよ。日本食も毎日食べている」と親日家ぶりを強調した。

 北極圏に取り残された男が、極限の世界の中で生き延びようとするサバイバルアクション。天候が目まぐるしく変わるアイスランドでの撮影は過酷を極めたそうで、「35日間の撮影を予定していたが天候の影響で19日しか撮れなかった。風が強くて孤独を感じるタフな現場だった」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >