2019/09/13 09:00

蜷川実花がこだわり小栗旬が体現した、愛に全力注いだ男女の生きざま

 [映画.com ニュース] 「太宰治本人の物語を作りたい」と7年の歳月をかけてオリジナル脚本で挑んだ蜷川実花監督。そして「この役を出来るのはこの人しかいない」という監督の熱いラブコールに、一度は悩みながらも「ワクワクした」と完璧なハマり役として太宰治を演じた小栗旬。日本人なら誰もが知る文豪・太宰の代表作にして遺作となった「人間失格」は自伝的な作品と言われているが、実は本人の人生のほうがよりドラマチックだった!? という着眼点から生まれた映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」を、蜷川実花監督と小栗旬が語る。(取材・文/新谷里映、写真/間庭裕基)

 蜷川監督と小栗旬、実はガッツリとタッグを組むのは今回が初となる。企画開発中の比較的早い段階で、蜷川監督の脳裏には“太宰治=小栗旬”という構図が自然と浮かび、気づけば「小栗くん以外思いつかなくて、小栗くんじゃなきゃ無理だなって、断られたらどうしようって思いながら脚本を開発していました」と振り返る。なぜ、小栗だったのか──。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >