2019/09/13 21:02

中井貴一、大ヒット「当確」もさらなるアピール「記憶にございませんと言えば宣伝になる」

興収30億を見込める滑り出し
興収30億を見込める滑り出し

 [映画.com ニュース] 三谷幸喜監督の最新監督第8作「記憶にございません!」が9月13日、全国352スクリーンで封切られた。三谷監督は中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市らキャスト10人と東京・TOHOシネマズ日比谷で初日舞台挨拶。「僕は俳優が大好きで、いい形で映画に残したいというモチベーションで作っている。今回はいい形ででき上がった」と自信のほどを語った。

 配給の東宝によれば、週末の座席予約状況から換算し公開3日間で興収4億円以上が予想され、興収30億円が見込める好スタート。三谷監督は、さらに気を良くして「今日はうれしいことが3つあります。ひとつはいい形で初日を迎えられたこと。2つめは宣伝で『VS嵐』に出て壁を登った時に五十肩になったけれど、昨日針を打ってガッツポーズができるようになったこと。3つめは去年の夏に撮影したことをほとんど忘れていた石田ゆり子さんが思い出してくれたことです」と、あることないことを含めまくし立てた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >