2019/09/15 07:00

柄本明と川島鈴遥が振り返る、オダギリジョー初監督作「ある船頭の話」の撮影現場

 オダギリジョーが初監督した長編「ある船頭の話」は、橋の建築が進む近代化以前と思しき山村を舞台に、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチの物語だ。文明のあり方、人間にとって大切なものは何かを問いかける。映画には、主演の柄本明を始め映画界を代表する俳優陣が集結。スタッフには、撮影監督に「ブエノスアイレス」のクリストファー・ドイル氏と国際的な顔ぶれが集まった。オダギリ監督、柄本、謎めいた少女役を演じた川島鈴遥に聞いた。(取材・文/平辻哲也 撮影/松蔭浩之)

 映画は約10年前にオダギリ監督が書いた脚本をブラッシュアップ。当初は自身が演じるつもりだった主人公トイチの年齢設定を大幅に変え、日本映画界を代表する柄本にオファー。昨年7~8月と今年1月にかけて新潟の阿賀川流域などで撮影し、3月に完成した。オダギリは短編映画やドラマ「時効警察」の脚本・監督は手掛けたことはあるが、長編映画は初挑戦となる。オダギリ監督は「甘えが生まれるような現場では駄目だと思っていたので、柄本さんにお願いしたということもあります。そういう意味でも、ちゃんと最初から最後までしっかりと緊張感を持ち、作品作りに向かうことができました。もちろん最初に柄本さんにお願いした時点でトイチという役にも不安はもうありませんでした。しっかりといろんなことを乗り越えられたなと思います」と手応えを感じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >