2019/09/17 12:28

トロント国際映画祭、観客賞は「ジョジョ・ラビット」

観客賞に輝いた「ジョジョ・ラビット」 (C)2019 Twentieth Century Fox
観客賞に輝いた「ジョジョ・ラビット」 (C)2019 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース] 「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティが監督、脚本、出演を務めた「ジョジョ・ラビット」が、第44回トロント国際映画祭の観客賞を受賞した。

 トロント映画祭で最高賞にあたる観客賞を受賞した作品は、アカデミー賞作品賞を受賞することが多いことで知られている。昨年、観客賞をサプライズ受賞した「グリーンブック」(ピーター・ファレリー監督)も、アカデミー賞作品賞を含む3冠に輝いている。今回の観客賞受賞により、「ジョジョ・ラビット」が賞レースを席巻することになりそうだ。

 「ジョジョ・ラビット」は、第二次世界大戦下のドイツを舞台に、母親(スカーレット・ヨハンソン)と2人で暮らす10歳の少年ジョジョが主人公。空想上の友だち“アドルフ・ヒトラー”(ワイティティ)の助けを借りながら、青少年集団「ヒトラーユーゲント」で立派な兵士になろうと奮闘する彼は、ある日、自宅にユダヤ人の少女が匿われていることに気づくというストーリーだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >