2019/09/17 14:00

第44回トロント国際映画祭を総括 票を集めやすい傾向にある作品とは?

Image credit: Courtesy of TIFF
Image credit: Courtesy of TIFF

 [映画.com ニュース] 第44回トロント国際映画祭は、オスカー前哨戦の皮切りとされる観客賞ほかを発表した9月15日に閉幕した。結果を語る前に、今年の特徴をお伝えしたい。(取材・文/よしひろまさみち)

 今年のトロントは、一言で言うと「いつもと違う」。まず、アカデミー賞が好む傾向にある、オスカーレースに関わるだろうと目されていた注目の作品群が軒並み控えめな評価だったこと。昨年でいうと観客賞を受賞し、そのままアカデミー賞作品賞を獲得した「グリーンブック」やアカデミー賞監督賞を受賞した「ROMA ローマ」をはじめ、「アリー スター誕生」「ファーストマン」「ある少年の告白」など。オスカーレースの有力候補として名を連ねていた作品のほとんどが、トロント国際映画祭で北米プレミアをしている。カンヌ国際映画祭やベネチア国際映画祭など、他の主要映画祭では、会期終盤に番狂わせな傑作が上映され主要賞をかっさらうことがある。だがトロントの場合、投票するのは一般の観客のため、作品が出尽くした終盤よりも、前半から初週末までに上映されたものの中で評価が高い作品が票を集めやすい傾向にある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >