2019/09/17 15:00

西島秀俊「任侠学園」“地元”帝釈天でのヒット祈願に手応え、蛾次郎はちゃっかり寅さんPR

撮影中は「秀坊」と呼ばせていたという 西島秀俊ら
撮影中は「秀坊」と呼ばせていたという 西島秀俊ら

 [映画.com ニュース] 俳優の西島秀俊が9月17日、主演映画「任侠学園」のヒット祈願を共演の伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、佐藤蛾次郎、木村ひさし監督とともに東京・柴又帝釈天で行った。

 西島がNo.2を務める「阿岐本組」が事務所を構えているのが葛飾区で、「男はつらいよ」の源公で知られる蛾次郎が出演していることから、地元での祈願が実現。西島は「天気も良く、皆さんに温かく迎えてもらい、ヒットするんじゃないかという気持ちになってきた」と満面の笑みを浮かべた。

 伊藤も、「身の引き締まる思いで、手を合わせている時に鳥肌が立った。いつも真面目に取り組んでいますが、より一層頑張ってヒットさせたいと思った」と意気込む。だが、蛾次郎は「暮れには寅さんもまたやりますんで、よろしく」と、ちゃっかり22年ぶりの新作となる「男はつらいよ お帰り 寅さん」をPRした。

 西島は「12月27日ですよね」と公開日を補足したが、「『任侠学園』も宣伝してくださいよ」と苦笑い。それでも蛾次郎は、「心は一緒です。いい映画だし、寅さんも立派」とあくまでマイペースだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >