2019/09/17 19:00

【ネタバレ注意】町山智浩が「アス」を徹底解説!本当に恐ろしいのは…

イベントに登壇した町山智浩氏 (C)Universal Pictures
イベントに登壇した町山智浩氏 (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 「ゲット・アウト」が全米で大ヒットし、日本でも一躍脚光を浴びたジョーダン・ピール監督の最新作「アス」(公開中)のトークイベントが9月16日、都内で行われ、映画評論家の町山智浩氏が登壇。アメリカでピール監督やキャストらにインタビューを行ったという町山氏が、本作に込められたメッセージなどを解説した。

 ※編集部注:本記事には「アス」のネタバレが含まれています。作品を未見の方はご注意ください。

 本作は、主人公家族のもとに自分たちの分身=ドッペルゲンガーが現れるというストーリー。見かけは微妙に異なり、性格は別人のように描かれているが、町山氏は「ジョーダン・ピールはDNAが同じでも育ちによって全然違う人になるんだよ、ということを言いたかったんです」と話す。

 その例として、ルーニーズの「I GOT 5 ON IT」が流れる車中でのシーンを挙げると、「あそこにギャップが表現されています。あの時、アデレード(ルピタ・ニョンゴ)がフィンガースナップをするでしょ。あれ、音とリズムが合っていないと思いませんでしたか? 実は彼女が子どもの頃地下で育ったクローンであることを、音楽的な環境がまるでなく、リズム感が育てられていないということから表しているんですよ」と細部の演出に触れる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >