2019/09/18 07:00

京都国際映画祭2019は牧野省三特集、内田裕也の追悼上映など

10月17~20日に京都各所で開催
10月17~20日に京都各所で開催

 [映画.com ニュース] 吉本興業グループが企画推進する京都国際映画祭2019の開催概要発表会見が9月17日、京都・よしもと祇園花月で行われ、同映画祭実行委員会・名誉実行委員長の中島貞夫、映画祭総合プロデューサーの奥山和由をはじめ、村上圭子京都副市長、アート部門に参加予定の大日本プロレスの浜亮太、アクトレスガールズの安納サオリらが登壇した。

 前身の京都映画祭から伝統と志を引き継ぎ、2014年に始まった京都国際映画祭は、映画にとどまらずアート、パフォーマンス、工芸など、枠にとらわれないラインナップが魅力。「映画もアートもその他もぜんぶ」をスローガンに、今年で第6回を迎える。

 19年は「映画の父」として尊敬されてきた京都の映画人「牧野省三」没後90年となる。そこで、日本映画史上最高のチャンバラ映画と評される阪東妻三郎主演のサイレント映画「雄呂血」を、現役最高齢の井上陽一氏の活弁付きで上映。さらに中島監督監修による殺陣、ちゃんばらの実演なども行われるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >