2019/09/18 16:00

「アップグレード」監督の“映画愛”爆発!影響を受けたのは「ターミネーター」

 [映画.com ニュース] AIチップを埋め込まれ、超越した身体能力を手に入れた男の姿を描くSFアクション「アップグレード」が、10月11日から全国公開される。本作のメガホンをとったリー・ワネル監督が、影響を受けた作品を明かすと共に、強い映画愛をにじませた。

 「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラムが製作、「インシディアス」シリーズで脚本や監督を務めたワネル監督がメガホンをとった本作。近未来、愛する妻と平穏な日々を送っていたグレイ(ローガン・マーシャル=グリーン)は、突然現れた謎の組織に妻を殺され、自身も全身まひとなってしまう。巨大企業の科学者によって実験的に埋め込まれたAI(人工知能)チップ「STEM」の力でまひを克服し、人間を超越した身体能力を手に入れたグレイは、脳内で会話する相棒的存在のSTEMと協力し、妻を殺害した謎の組織への復讐を誓う。

 インディペンデント映画ならではの自由な環境の中で、広大な世界を描くSF映画を作りたいと思ったというワネル監督。「インシディアス」を完成させた後、「アップグレード」に近い構想がすでにあったというが、当初はほかの監督に頼む予定だったそう。しかし、「僕の監督デビュー作『インシディアス 序章』を撮り終えた後、周囲から『次の監督作は?』と聞かれるようになって、『アップグレード』はどうだろうと考えるようになった。そこで、頼んでいた監督に撤回できるか聞いたら、快く承諾してくれた。まるで、すべてが準備されていたかのようだったよ」と道のりを振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >