2019/09/18 16:00

第32回TIFFコンペに邦画2作品 稲垣吾郎×二階堂ふみ「ばるぼら」、濱田岳×水川あさみ「喜劇 愛妻物語」

手塚眞監督作「ばるぼら」 (C)Barbara Film Committee
手塚眞監督作「ばるぼら」 (C)Barbara Film Committee

 [映画.com ニュース] 第32回東京国際映画祭のコンペティション部門に、稲垣吾郎と二階堂ふみが共演する手塚眞監督作「ばるぼら」、濱田岳と水川あさみが夫婦を演じる足立紳監督作「喜劇 愛妻物語」が選出された。

 「ばるぼら」の原作は、漫画家・手塚治虫が1970年代に発表し、様々なタブーに挑戦した問題作。手塚治虫生誕90周年を記念し、実子である手塚眞監督が、ウォン・カーウァイ監督作品で知られる撮影監督クリストファー・ドイルとタッグを組み実写映画化を果たした。人気小説家・美倉洋介(稲垣)と少女ばるぼら(二階堂)の愛と狂気の寓話を、圧倒的な映像美とともに描く。稲垣にとっては、昨年の第31回で主演作「半世界」(阪本順治監督)がコンペティション部門に選出され観客賞を受賞しており、2年連続での同映画祭参加となる。

 手塚監督は、「一筋縄ではいかない悪魔主義的な物語は、麗しい稲垣吾郎さんと二階堂ふみさんの身体を張った競演にクリストファー・ドイルさんの美学が絡まり合って、魅惑的な夢に変容しました」と解説。「アートとエンタテインメントの境界を揺らぎつつ、その融合を目指した映画です。耽美的な愛と狂気の寓話をどうぞ味わってください」とアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >