2019/09/19 17:00

インドの5つ星ホテルが無差別テロに立ち向かう「ホテル・ムンバイ」主演俳優の覚悟

人々の誇りと愛に満ちあふれた 脱出劇が描かれる (C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC
人々の誇りと愛に満ちあふれた 脱出劇が描かれる (C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

 [映画.com ニュース] インドで起きた無差別テロ事件を基に映画化した「ホテル・ムンバイ」が、9月27日から全国公開される。主演を務めたのは、「LION ライオン 25年目のただいま」「スラムドッグ$ミリオネア」などで知られるデブ・パテル。撮影を振り返るとともに、実話を映画にすることへの使命感を語った。

 本作は、2008年のインド・ムンバイ同時多発テロで、テロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの人質脱出劇を映画化。パテルは、自らの命を危険にさらしてまで宿泊客を守ろうとする給仕のアルジュンを演じている。

 撮影前から、パテルにとってムンバイは特別な場所だったそうで、「僕がムンバイで撮った最初の映画『スラムドック$ミリオネア』は、ムンバイに対する賛歌のような作品だったんだ。映画の終わりに大規模な踊りのシーンがあって、駅に人があふれているシーンが思い出されるんだ。女性も子どもたちもいるし、愛する人たちに会いに行こうとしている人たちや、仕事に向かっている人たちであふれている」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >